開催報告(広島)

日時
平成24年9月27日(木) 18:30~
場所
ホテルセンチュリー21広島 〒732-0824 広島県広島市南区的場町1-1-25 TEL (082)263-3111 / FAX (082)263-7601
参加費
4,000円(ご講演後、立食懇親会、軽食・フリードリンク・ビールあり)

「税理士からみた大増税時代の相続業務」

税理士行政書士 高下美幸氏
 税理士であり行政書士である高下美幸先生は、資産コンサルタントとしてご活躍中で、中小企業の税務顧問のほか、相続手続・相続対策・遺言作成・贈与など資産税に関連する業務を行っておられます。今回は国民の関心が高まっている相続税についてお話いただきました。
 平成25年税制改正で検討されている相続税・贈与税についての見通しをお話いただきました。相続税については基礎控除の引き下げ・死亡保険金にかかる非課税限度額の引き下げなど増税傾向であること、贈与税については直系尊属に係る贈与税率など緩和傾向にあるとのお話でした。
 改正後は相続納税対象者は増えると考えられ、相続税対策ができるよう生前の元気なうちの財産の棚卸しの必要性を語られました。
 しかしながら広島県では相続申告業務件数に比べて税理士人数が多く、相続業務経験の無い税理士もいるのが現状だそうです。
相続税申告には30%が税務調査が入り、そのうち80%が申告漏れなどを指摘されているとのことで、高下先生は税務調査対象にならないような申告を心がけておられるそうです。
ご講演 様子

懇親会

懇親会の様子
懇親会の様子
  • 今回も初めてご参加いただいた方を3名お迎えすることができました。立食の良さを活かし、流動的に交流を深めておられました。
    講演をきっかけに具体的な質問を高下先生にされ、より深い実務的なお話をされている様子も見られました。
    皆様、ご自身のテーマを持ち寄られ熱心にお話をされていました。
    また、趣味やプライベートなお話でも花が咲き、ビジネスだけでない和気藹々とした交流会になりました。

  • 講演いただきました高下先生、ご参会の皆様、そして会場のホテルセンチュリー21のスタッフの皆様、大変ありがとうございました。
  • 今後も有意義な会にすべくスタッフ一同工夫して参ります。

 


開催案内登録フォームへ 士業交流会のブログ 交流会開催報告 メディア掲載情報 代表の日々徒然 雨垂れ石を穿つ